PROFILE

山中 順子 JUNKO YAMANAKA

本名山中 順子
生年月日1970年6月27日
出身地神奈川県横浜市
血液型A型・星座 かに座
身長172cm
好きな食べ物果物、野菜
趣味GOLF、旅、絵を描くこと、詩を描くこと、歌うこと
特技料理、着物、デザイン
資格・免許普通免許、簿記3級、ファスティングマイスター、健康美容食育指導士

<Profile>

写真家
1997年よりモデル、グラビア撮影をスタート。芸能事務所を経営し宣材撮影は2,000人を超える。週刊誌、スポーツ紙を中心にタレント、格闘家等、女優、作家、著名人の撮影。その後ライフワークの100歳撮影、奄美の「ユタ」シャーマンを撮り続けている。

2019年ミセスジャパン 東京ファイナリスト インテリジェンス賞受賞。

コンテスタント、ミス&ミセスの輝きを撮り、着物美人撮影や女性たちを輝かせるグラビア写真を現在も撮り続けている。

著書「むね肉365」。長寿100歳の取材から知識を得て医食同源、予防医学の視点から色彩健美食 料理家としても活動中。

写真家の視点から書籍・映像デザイン。
地域プロデューサー、特産品・企業PR。

<地域貢献>

133代奄美観光大使・奄美ふるさと100人応援団、平和大使

<これまでの活動>

25歳で芸能事務所を立ち上げるきっかけに出会い、その後、横浜にモデル事務所と養成所を作り約2,000人以上の若者を集め事業をスタートさせる。その後転機が訪れ2000年から奄美群島の100歳を撮り続け写真家として本格的に奄美群島の100歳、生命をテーマに活動を始める。
長寿を支えた「シマの世界観」や祈りのある暮らしと奄美独自の食文化、聖地やユタ(シャーマン)、旧暦の祭り、人と自然と神々が共に暮らす時空間、自然界の多様な生命のさんざめきなどジャンルを越境した独自の表現で注目を集める。
死から生を見つめる奄美のコスモロジー(人々が暮らす小宇宙)「母なるシマ、生命の島」に響き活動をしてきた。
2007年より徒根屋 伝承事業として奄美群島や離島のブランディング、日本ブランドを中心にデザイン、商品開発、販売プロモーション等、大手百貨店で物産展プロデュースなど実績がある。

<2020年 これからの活動>

奄美を撮り続け2020年は20年目の節目。私の50歳という人生の節目でもあります。
そして子の年は暦の上で12年のサイクルの始まり。
2020年という元号も変わり、東京オリンピックを迎えるなど、全てにおいて節目の年。
写真家の軸から見えてくる世界は人物に限らず地域や企業など様々です。
また奄美を伝える作家としての活動は元より、徒根屋 株式会社 日本伝承は、古代から学び時代とともに一隅を照らすことができるよう、深化し変化しつづけてまいります。
奄美群島 長寿の島の自然農法の推進、在来種、野生が宿る健康食、日本の美と心、健康を世界へ繋ぎます。

<書籍・経歴>

1.書籍 奄美を持ち歩く旧暦ダイアリー「奄美手帳」
編集・発行(2009以後、毎年発行)

2.写真集 「奄美100歳 母なるシマ、生命のシマ」(とんぼ刊)

3.発行物 シマ(集落)を持ち歩く「奄美巡礼」
集落マップ 第一弾 久地集落(奄美大島瀬戸内町)

4.写真集 「NERIA」
奄美 2012年9月発行 サワンルーク刊

5.書籍 出雲・島根を持ち歩く 出雲暦「出雲手帳」
平成の大遷宮2013年発行
販売元:NPO出雲学研究所 発行:サワンルーク

6.書籍 「むね肉レシピ365」2019年 東邦出版

<本場奄美大島紬・作品と活動>

奄美に伝わるシマウタ・三味線の伝承。本場奄美大島紬を伝承活動として養蚕、着付け、仕立て、染色アートにも力を注いでいます。
「奄美式部」大島紬 5分で着れる着物
「ののものがたり・羽衣」本場大島紬 染色、原点回帰 作品

<地域プロデューサーとしての活動>

全国商工会専門家派遣 地域ブランディングプロデューサー
商品開発「るるる」講師、ブランディング。
産地MAP町おこし構築、デザイン、健康産業への商品企画コンサルティング。

<写真展・展覧会実績>

国内外で写真展を開催実績

  • 会期: 2004年10月5日
    場所: 虎ノ門パストラル
    奄美「心」展
  • 会期: 2007年3月28日~29日
    場所: 東京ビックサイト
    世紀を超えたメッセージ「百歳」山中順子写真展
  • 会期: 2007年12月7日、8日
    場所: 東京・表参道スパイラルガーデン
    AMAMISM2007「母なる島、生命のシマ」
  • 会期: 2008年2月27~29日
    場所: 東京ビッグサイト
    シニアライフエキスポ特別企画 山中 順子写真展「群島・奄美 長寿100歳の世界観」
  • 会期: 2009年4月15日~19日
    場所: ドイツ Studierendenhaus Campus Bockenheim
Jügelstr. 1, Frankfurt-Bockenheim
    第9回ヨーロッパ最大の日本映画祭 Nippon Connection inドイツ、フランクフルト「群島奄美・100歳の記憶」山中 順子写真展
  • 会期: 2008年5月3日~11日
    場所: 横浜ZAIM
    五感立体アート "観る・聴く・嗅ぐ・触れる・味わう"「永遠(とわ)のマブライ」群島・奄美の世界観
  • 会期: 2008年5月3、4、5日 16:00・18:00
    マイネガタリ~舞音語~
  • 会期: 2008年5月4日 19:00~
    月の祭「ミハチガツ」
  • 会期: 2008年5月5日 19:00~
    響声の時 Live
  • 会期: 2008年5月15日 2時間
    場所: 鹿児島大学 講堂
    鹿児島大学法文学部マスコミ講座
  • 会期: 2008年7月7日
    EARTH ECO×STREET マイプロゼクト 「海のお母さん」珊瑚を守ろう~与論島珊瑚基金を応援~
  • 会期: 2008年7月18(新月)~8月31日(満月)
    場所: 東京東大前VOICE STUDIO
    五感アートミュージアム "学び・遊び・導き・群島・奄美"山中 順子の世界観「生命(マブライ)」~ヌチ ドゥ タカラ~
  • 会期: 2008年12月5日
    場所: 奄美大島瀬戸内町 古仁屋中学校
    講演「みんな、それて育つ」~不要になった歯磨きで、自由を描く~
  • 会期: 2009年4月12日
    場所: 木場レインボータウンFM
    皆既日食カウントダウンライブ「シマ語り」~神の上に水がある、奄美のシマ唄~
  • 会期: 2009年7月16日~24日
    場所: 奄美大島 あまみ徒根屋ブース
    皆既日食イベント「群島奄美・100歳の眼差し」山中 順子写真展
  • 会期: 2010年10月10日、11日
    場所: 名城大学天白キャンパス
    第16回NPO在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク「家族を大切にできる地域づくり」全国の集い in 名古屋2010
  • 会期: 2010年10月10日(日)13:00~14:00
    場所: 名城大学天白キャンパス コンサートホール
    奄美コンサート「Arasetu」(アラセツ)
  • 会期: 2010年10月11日(月・祝)
    場所: 名城大学天白キャンパス 南館102
    「老いる哀しみ」そして、「100歳 母なるシマ、生命の島」
  • 会期: 2010年〜2017年
    場所: 百貨店
    「奄美物産展」写真展示など多数
  • 会期: 2018年〜2019年 各地で講演
    場所: 倫理法人会
    「奄美100歳から学んだ生き方」
  • 会期: 2019年9月末日毎月開催
    場所: 徒根屋「医食同源 島ちょく」
    「色彩健美寄席」食・野菜の新作落語:立川 志ら門/色彩健美食:山中 順子
  • 会期: 2019年12月27日
    場所: 徒根屋「医食同源 島ちょく」
    「古事記とエロス」対談:山上 智(古代史研究家)・山中 順子(写真家)/ゲスト:石笛演奏 横澤 和也
  • 会期: 2020年1月30日
    場所: 徒根屋「医食同源 島ちょく」
    「古事記とエロス」対談:山上 智(古代史研究家)・山中 順子(写真家)/ゲスト:石笛演奏 横澤 和也
PAGE TOP

ページの先頭へ